nhap_cung
乳がんの原因
笑顔の医師たち

乳がんは、女性のガン死亡原因が一番多い病気です。癌になる要因として、ビールを大量に飲むことで乳がんのリスクが高まるのです。がんの検査を行なうにはマンモグラフィが有効とされています。

Read more

乳がん検診を受ける
医師と患者

現在では、自治体などによって低額な料金で乳がん検診が受けられます。乳がん検診の場合、、年齢制限が設けられるのが一般的です。マンモグラフィーでは乳がんの早期発見が可能となっています。

Read more

下肢静脈瘤の症状
廊下を歩く医師たち

足が常にむくんでいるといった症状が慢性化していると、原因が他にある場合があります。ふくらはぎの当たりの血管が膨らんで浮き出ていたりすると下肢静脈瘤の可能性があるため注意が必要です。

Read more

高度な治療
レントゲンを見る医師

サイバーナイフは、詳細な位置情報を元に病巣を集中的に破壊する医療器具です。主に頭頚部のがんや病気の治療に使用されており、高い効果を発揮します。インターネットから探すことで治療可能な医療機関を見つけることが出来ます。

Read more

がんの検査

手術風景

静かに進行する大腸がん

数あるがんの中でも大腸がんは死亡率の高いがんとして知られています。大腸がんは細かく分けると結腸がんと直腸がんに分けられ、肛門周辺にできる直腸がん、小腸から直腸の手前周辺までにできる結腸がんに区別されます。大腸がんの予防としてはほかのがんと同様で、正しい食習慣や適度な運動、ストレスの少ない生活などが挙げられます。大腸がんの自覚症状としては、血便や腹痛、下血などがあります。便がいつもより細いとか、小さなものが多く出るとか、スッキリしないなどの状態が続く場合も注意が必要です。下血や血便は必ずしも大腸がんとは限りません。痔が傷ついて出血したり、ほかの病気の可能性もあります。どちらにしても、病院で早期に診察を受けるようにしましょう。

内視鏡検査の内容とは

大腸がんは出血などの自覚症状があった時点で、すでにある程度症状が進行している場合があります。大腸がんの検査は、便に血液が混じっていないかどうかを調べる便潜血検査が一般的です。簡単に検査ができるので、大腸がんの検査方法の基本となっています。便潜血検査で血液反応があった場合は、内視鏡検査を受診することになります。内視鏡検査は、肛門から直腸に内視鏡を入れ、大腸のすみずみまでを検査する方法です。ポリープがあった場合、小さなものである場合は内視鏡で切除し、その組織をとってがん細胞であるかどうかを検査することもできます。内視鏡検査は大腸がんの発見に優れた検査方法です。40代以降の人は、便潜血検査の結果が良性でも内視鏡検査を受診することをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加