乳がんの原因 | 大腸がんの対策と事前の知識で早期解決|安心した生活を送る

乳がんの原因

笑顔の医師たち

乳がんを引き起こす原因

乳がんは、女性のガン死亡原因の第1位になるほど罹患者がとても多い病気です。数値で表すと、乳がんにかかる割合は女性の23人に1人といわれています。近年では、20代の若いうちでも乳がんが発見されるケースがあります。 近年、判明したことですが、ビールを大量に飲むと乳がんリスクが1.7倍になるということです。なぜなら、ビールなどのアルコール類には、エタノールが分解されてできるアセトアルデヒトがたくさん含まれているからです。この物質が、体内の女性ホルモンに作用して、ガンにかかるリスクを高める可能性が分かっています。ですから、乳がんを防ぐには、毎日アルコールなどをたくさん飲まない方が良いです。特に年末年始などの飲み会のシーズンは、気をつけたほうが良いです。

ガンを検査するための方法

乳がんを検査するには、マンモグラフィが有効とされています。これは、乳房のX線撮影のことです。この検査では、初期症状のごく小さな腫瘍を発見できます。また、特に早期乳がんのサインである、ごく小さな石のような石灰化を鮮明に写し出すこともできます。この検査では、立体的に乳房全体を撮影することが可能です。ですから、あらゆる角度から乳房をチェックできます。 マンモグラフィはX線検査なので、放射線被曝の心配をされる方もいます。ですが、被曝は乳房だけの部分的なものなので、体への影響はまったくないです。ただし、妊娠中の方、妊娠の可能性のある方は、マンモグラフィは避けたほうが良いです。というのは、お腹の胎児は放射線に対して感受性が高いからです。なので、妊婦は事前にお医者さんに申告する必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加