乳がん検診を受ける | 大腸がんの対策と事前の知識で早期解決|安心した生活を送る

乳がん検診を受ける

医師と患者

乳がん検診を受ける際の注意点

現在では自治体などによっては低額な料金で乳がん検診が受けられるようになっていますが、これらの乳がん検診の場合は年齢制限が設けられるのが一般的です。 その理由は、乳がん検診の際にはマンモグラフィーという検査機器を使用するのが一般的ですが、現在ではマンモグラフィー検診での40歳未満の有効性は認められていないからです。 マンモグラフィー検診を行った場合は、後日結果が届くことになりますが、異常ありとの通知があった場合は改めて専門の医療機関で精密検査を受ける必要があります。 異常ありと診断された場合でも必ずしも乳がんとは限らないので、きちんと検査をうけることが大事です。 また、40歳未満の人が乳がん検診を希望する場合は、超音波検診で調べることができます。

知っておくと良い情報

現在では、医療技術が向上しマンモグラフィーでは早期の乳がんでも発見が可能になっていますし、乳房を温存できる可能性も高くなっています。 乳房温存手術は、腫瘍とその周辺にある乳腺組織だけを切除し、残りの乳房を残す手術法のことです。残した乳房にがんが残っている可能性も考えられるため、手術後に放射線療法が行われるのが一般的です。温存した乳房にがんが再発するのは1割程度と言われています。 乳房温存術を受けられるのは腫瘍が小さかったり、乳房の中にがんが広がっていない場合など様々な条件を満たした場合になり、進行具合によっては乳房を全摘出しなければならないこともあります。 乳房は女性のシンボルとも言える大切な部位なので、定期的に乳がん検診を受けることが重要になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加